IT製品・ITサービス

Enterprise Options

Primavera P6 EPPMは、大量のプロジェクトデータやそれに紐付く全社に関わるデータを、より効率的に統合管理するための豊富なオプションを取り揃えています。

統合管理により、全社レベルでの経営資源の最新状況と見通しを見える化することができます。



●プロジェクト分析

Primavera P6 Analytics(*)

Primavera P6 Reporting Database(*)



実績の分散収集

i-PUS(**)

Primavera P6 Progress Reporter(*)



プロジェクト文書管理

Oracle Universal Content Management (UCM) (*)



ワークフロー管理

Oracle Business Process Management (BPM) (*)



(*)Oracle製品

(**)千代田システムテクノロジーズ製品





プロジェクト分析

Primavera P6 Analytics



Primavera P6 Analyticsは、Primavera P6 EPPMで管理しているプロジェクトの傾向を時系列で分析するツールです。プロジェクトの問題の根本となる原因や、経費を予測することができます。



●プロジェクトの履歴や傾向をいつでも確認でき、正確な状況把握が可能になります

●複雑な操作を必要とせず、あらかじめ用意された画面からプロジェクトのライフサイクルに沿って進捗監視を行うことができ、潜在的な問題を迅速に把握し、早期に対応を検討することができます

●プロジェクト一元監視し、効率的なポートフォリオ分析が可能になります



PAGETOP



Primavera P6 Reporting Database



Primavera P6 Reporting Databaseは、Primavera P6 EPPMを使用している企業向けに最適化されたデータウェアハウス製品です。Primavera P6 Reporting DatabaseはPrimaveraに登録されたプロジェクト情報を統合し、すべてのポートフォリオ、プロジェクト、リソースデータの集中管理を行います。オープンアーキテクチャにより、さまざまなサードパーティのレポートツールを使用してビジネスインテリジェンス分析を行うことや、カスタマイズしたレポートを作成することが可能です。Primavera P6 EPPMおよびPPMで提供される分析ツールでは、経営陣やプロジェクトチームのためのよりフレキシブルなレポートを作成することができます。



PAGETOP


実績の分散収集

i-PUS


i-PUS
は、Primaveraで管理しているプロジェクトのプロジェクトマネージャーやチームリーダーと、作業を実行するチームメンバーとのリアルタイムコミュニケーションを可能にするツールです。

チームメンバーはアクティビティの実行に費やした時間の報告や、関連情報を確認することができます。ネットワーク経由でプロジェクトのデータベースに直接接続するため、作業場所の異なるチームメンバーがいつでも更新することができます。それにより、プロジェクトマネージャーは、i-PUSから報告された実績の情報に基づいて、適切な意思決定を行うことができます。



●Primaveraのアクティビティに割り当てられた作業の確認

割り当てられたアクティビティの作業時間の報告(タイムシート)

アクティビティステップ進捗の入力

前後の関連アクティビティ情報の確認

●アクティビティ詳細の表示および更新



PAGETOP


Primavera P6 Progress Reporter



Primavera P6 Progress Reporterはプロジェクトコミュニケーションと時間管理システムのWebモジュールです。プロジェクト参加者が各自の作業を確認するためのチェックリストとして使用できるツールです。プロジェクトのチームメンバーは作業時間や進捗情報を入力することで、場所に関係なく、直接マネージャに状況を報告することができます。

プロジェクト参加者がPrimavera P6 Progress Reporterに担当作業の最新情報を入力することで、プロジェクトマネージャはそれらの報告された情報をもとにプロジェクトの今後を予測し、対応を決定をすることができます。



PAGETOP


プロジェクト文書管理

Oracle Universal Content Management (UCM)



P6と一体化したOracle Universal Content Management (UCM)は、体系化されていないプロジェクトのドキュメントを一覧、アクセス、検索、再利用し組織の資源へと変えることができます。HTML、XML、DOC、XLS、GIF、PDFといった様々なフォーマットに対応しています。

P6と併せて使用することで、プロジェクト参加者はより効果的にドキュメントを管理することができます。



データベースによる一元化した実体ドキュメントの保存

フォルダ内のドキュメントを分類化

ドキュメントとプロジェクト、WBS、アクティビティ、問題点へのリンク

チェックイン、チェックアウトによるドキュメントのバージョン管理

ドキュメントレビュー機能の提供



PAGETOP





ワークフロー管理



Oracle Business Process Management (BPM)



Oracle Business Process Management (BPM)は、ビジネスプロセスを中心としたビジネスアプリケーションを開発、管理、使用するための統合環境を提供します。BPMは、モデリングと実施から実行、モニタリングまでBPMNBPELの標準をサポートします。

P6はBPMと直接連携が可能になっており、ワークフロー機能を提供します。P6に標準でプロジェクト立ち上げ申請のワークフローが組み込まれますが、オプションのBPMライセンスを使用することで組織にあわせたワークフローを自由に作成することができます。



PAGETOP



お問合わせ先

千代田システムテクノロジーズ株式会社

 営業お問合わせ     TEL : 045-441-9210

 サポートお問合わせ  TEL : 045-441-1693   https://faq.cst-support.com/

  • お問合わせ

関連リンク

Primavera ファミリー概要

世界164ヶ国、75,000社以上で導入されているプロジェクトマネジメント・システムです。 建設・エンジニアリング・設備保全・製品開発・研究開発・通信・システム開発などの業界から、 その実力が高く評価されています。

「Primavera ファミリー概要」詳細はこちら

Primavera P6 EPPM

世界164ヶ国、75,000社以上で導入されているプロジェクトマネジメント・システムです。 建設・エンジニアリング・設備保全・製品開発・研究開発・通信・システム開発などの業界から、 その実力が高く評価されています。

「Primavera P6 EPPM」詳細はこちら

Primavera Contract Management

図面や書簡などプロジェクト関係者間の煩雑なドキュメンテーションを一元化することにより、履歴を管理するとともにコミュニケーションを可視化、アクションすべき担当を明確にします。また、契約文書、金額を一元化することで、効果的な変更管理を実現します。

「Primavera Contract Management」詳細はこちら

ARES PRISM

ARES PRISMは、世界で250社5,000以上のユーザーに活用されている、次世代型プロジェクトコストマネジメント統合製品です。 Cost Managementを中核に捉え、Estimating、Engineering、Procurement、Contracts、Constructionの各システムを必要に応じて組み合わせることでプロジェクトのコスト管理/パフォーマンス管理に最適化できる製品となっています。

「ARES PRISM」詳細はこちら

プロジェクトマネジメント支援サービス

CSTでは、プロジェクマネジメントのツール販売に加え、貴社へのプロジェクトマネジメント文化の定着に向けた支援サービスを充実させております。

「プロジェクトマネジメント支援サービス」詳細はこちら