IT製品・ITサービス

  1. HOME
  2. IT製品・ITサービス
  3. ARES PRISM
  4.  ドキュメント管理システム

 ドキュメント管理システム

logo_PRISM.png

設計図書など、あらゆるドキュメントを管理する

ドキュメント管理システム(PRISM Docs)






ドキュメント管理システム(PRISM Docs)の特徴



check.png

ドキュメントへのアクセスとコントロールのための直感的なインターフェイス

check.png

他部署、現場、他社とのコラボレーション

check.png

シンプルでパワフルな検索ツール

check.png

数百のドキュメントフォーマットを視覚化

check.png

ドキュメントセキュリティとドキュメントアクセスに対する詳細な制御

check.png

自動バージョン管理

ドキュメント管理システム(PRISM Docs)詳細内容

ドキュメント管理システムによるエンタープライズデータ管理


ドキュメント管理システムは、これまでにないスケーラビリティを提供し、最も複雑なデータ管理、ワークフロー、コラボレーションの課題を解決するための柔軟性とシンプルさを提供し、企業全体の要件に応えます。

スケーラビリティ: ドキュメント管理システムは、エンタープライズ規模のコストと複雑さを増やすことなく、ビジネスの最も複雑で広範なニーズに対応するため拡張性と始め易さ備えています。

フレキシビリティ: ドキュメント管理システムには、 CADファイル管理のみのソリューションでも、企業全体の文書やデータ、ワークフローのニーズを満たすソリューションが必要な場合でも、ビジネスのニーズに対応するための機能があります。

シンプリシティ: ドキュメント管理システムは、実装がシンプルで手軽に使える特徴を持ちます。これにより、ソリューションを組織内のどの部門にも迅速かつコスト効率よく拡張できます。

ドキュメント管理システムは、その柔軟性とシンプルさで一般的なビジネス文書を始め、複雑なCADや3Dファイル、エンジニアリングプロセス、ファシリティ・エンジニアリング文書、製品データなどPLM(Product Lifecycle Management)の目標を適切に管理することを目指します。



● データを制御する
スマートボールディング(Vaulting): ドキュメント管理システムの独自のボールディング・メソッドは、フォルダ構造やファイル名を暗号化またはスクランブルすることなく、既存のファイル構造をラップします。またドキュメントはデータベースにインポートすることができます。 データはネイティブ形式で保存されるため、システムに障害が発生した場合でも簡単にアクセス、移動、または復旧できます。

ボールトレプリケーション(Vault): ドキュメント管理システムのボールトレプリケーションでは、複数の地理的な場所で、ドキュメント管理システムのボールトを共有しながらファイルへのローカルな高速アクセスが可能です。またドキュメント管理システムのバイナリ差分オプションを使用すると、ファイル間の変更のみが複製されます。これにより、グローバルな時間帯にわたる3Dモデリングおよびコラボレーションのためのデータ転送が高速化され、ネットワークの帯域幅が縮小されます。

ドキュメント管理システム(PRISM Docs)
データマネジメント・エンタープライズ・スイート

・ PRISM Docs Desktop
PRISM Docs Desktopは、ドキュメントの作成、変更、表示、またはPRISM DocsのCAD統合へのフルアクセスが可能です。またドキュメント管理システム(PRISM Docs)管理者も対象となります。

・ PRISM Docs Explorer
PRISM Docs Explorerは、ドキュメント管理システム(PRISM Docs)に保存されているドキュメントや情報にブラウザベースでアクセスしたい人のために設計された、シンWebクライアントです。その合理化されたインターフェイスは、複数のCAD形式、MS Word、MS Excel、PDF、TIFF形式、その他数百種類以上の形式に対し、高速なWebベースの検索、表示、印刷、赤線、割り当ておよびコピーを提供します。

・ PRISM Docs Reviewer
PRISM Docs Explorerプラットフォーム上で構築されるPRISM Docs Reviewerは、PRISM Docs Webクライアントにワークフローを追加します。
PRISM Docs Reviewerを使用すると、承認、拒否、前のステップへの拒否、発信者への拒否、新しいワークフローへの再ルーティング、承認と拒否の迅速化、コメントの追加ができます。

・ PRISM Docs PublishWave
PublishWaveを使用すると、シングルまたはバッチモードの印刷を実行して、ドキュメント管理システム(PRISM Docs)から直接PDF、DWFまたはTIFF形式にハードコピーおよびパブリッシュすることができます。ネイティブアプリケーションでファイルを開くことなく、高品質で高品質の出力が得られます。

・ PRISM Docs Vault Replication with Binary Differencing
バイナリ差分を使用したボールトレプリケーションは、ドキュメント管理システム(PRISM Docs)のすぐに使えるボールトレプリケーションに追加されています。バイナリ差分を追加すると、ファイル全体ではなくファイル間の変更だけが他のサイトに複製されます。ネットワーク帯域幅を大幅に削減しながら、転送ははるかに高速に実行されます。ユーザーは大規模なファイルへの高速ローカルアクセスを利用し、誰もがグローバルに分散された複数のボールト環境で統一されたビューを得ることができます。

・ Microsoft SharePoint Integration
Microsoft SharePoint用のPRISM Docs Webパーツは、SharePointユーザーに、ドキュメント管理システム(PRISM Docs)で管理されているドキュメントやデータへの迅速でシンプルかつ制御されたアクセスを提供します。任意のSharePointページにインストールして使用することができ、適切な権限を持つユーザーが文書やデータを検索できます。ドキュメントの表示、印刷、マークアップ、ダウンロード、ドキュメントのプロパティを編集できます。



● ドキュメントに対するアクセスと制御の改善

パワーサーチ

  • ドキュメント管理システムは、文書検索プロセスを簡素化する検索ツールが含まれており、フォルダツリーを使用してブラウズしたり、ドキュメント管理システムデータフィールドからフィルタを適用したり、フルテキストスマートエンジンを使用したりできます。これにより、必要なときに必要なものをすぐに見つけることができます。


柔軟なワークフロー

  • ドキュメント管理システムのワークフローエンジンで、ワークフローの作成・管理・再利用をして、ビジネスプロセスを合理化することができます。 これにより迅速な承認プロセス、コラボレーションの向上を実現し、変更プロセスが効率化できます。


送付状(Transmittal)機能

  • ドキュメント管理システムの送付状(Transmittal)機能により、コントラクター、ベンダー、クライアント、社内チームなどのステークホルダー間で、図面やドキュメントのやりとりや追跡が行えます。


ハイスペック監査証跡

  • ドキュメント管理システムの監査証跡は、ライフサイクル全体を通じて各ドキュメントの履歴を管理します。権限を与えられたユーザーは、文書やファイルの進行中の活動履歴を見ることができます。企業はドキュメント管理システムの監査証跡を活用して、内部プロセスを遵守したり、ISO、AS900、SEI CMM 3、CMMI3などの厳しい業界標準を達成し、維持します。



● CADおよびビジネスアプリケーションとの連携


マルチCADとMSオフィスの標準連携

  • ドキュメント管理システムは、以下を始めとするCADやビジネスアプリケーションと標準連携します。
     AutoCAD®, SOLIDWORKS®, Autodesk Inventor®, MicroStation®, Microsoft Office®, and SharePoint®
  • ドキュメント管理システムのCADインテグレーションは、検索、ファイルのチェックイン、チェックアウト、コンポーネントの挿入と置換、ファイルのプレビュー、ファイル関係情報の表示、図面やドキュメントのステータス表示などを行うことができます。


世界最高ビューアと統合

  • ドキュメント管理システム(PRISM Docs)3つのプロダクト(PRISM Docs Desktop、Explorer、Reviewer)には、世界最高水準のエンジニアリング視覚化ソリューションであるOracleRAutoVueR3D professionalのフルインテグレーテッドライセンスが付属しています。
    ドキュメント管理システムのビューアは何百ものフォーマットをサポートしており、異なるアプリケーション用に複数のビューアをインストールして管理する必要はありません。また、閲覧、印刷、マークアップ権限などのユーザ制御も可能です。さらにビューアで作成した赤線(Red-Line)も管理されているため、改訂履歴のすべての段階でどのファイルにマークアップが含まれているかを誰でも確認することができます。







ARES_Project_Management_Logo.png



※千代田システムテクノロジーズ株式会社(CST)は、ARES Project Management LLC 社の認定販売代理店です。



お問合わせ先

千代田システムテクノロジーズ株式会社

 営業お問合わせ     TEL : 045-441-1509

 サポートお問合わせ  TEL : 045-441-1693

  • お問合わせ

関連リンク

Primavera ファミリー概要

世界164ヶ国、75,000社以上で導入されているプロジェクトマネジメント・システムです。 建設・エンジニアリング・設備保全・製品開発・研究開発・通信・システム開発などの業界から、 その実力が高く評価されています。

「Primavera ファミリー概要」詳細はこちら

プロジェクトマネジメント支援サービス

CSTでは、プロジェクマネジメントのツール販売に加え、貴社へのプロジェクトマネジメント文化の定着に向けた支援サービスを充実させております。

「プロジェクトマネジメント支援サービス」詳細はこちら

プロジェクトマネジメントソリューション

CSTでは、組織レベルでプロジェクトマネジメントに取り組む「EPM(エンタープライズ・プロジェクトマネジメント)」の考えをベースに、 企業収益のさらなる向上を目指すお客様を支援するソリューションをご用意しております。

「プロジェクトマネジメントソリューション」詳細はこちら