各種方針

  1. HOME
  2. 各種方針
  3. 情報セキュリティ基本方針
  4. 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

千代田システムテクノロジーズ株式会社(以下、当社)は、当社情報並びに顧客及びビジネスパートナーなどから使用を許可されている情報(以下「情報資産」)を安全かつ適正に保護・維持し、有効に利用できるように管理することが、当社のビジネスの継続的発展並びに顧客満足の向上において最重要経営課題であると考えております。
一方社会背景として、高度情報化の進展に伴い、情報資産への不正アクセス、情報の漏洩、改ざん、破壊等の脅威が増大しており、それら脅威への対策あるいは危機管理の対応が強く求められていると認識しています。当社はこれら情報資産を保護・管理するために、役員から従業員まで全員が情報セキュリティの重要性を認識し、顧客や関係会社などと協力して、以下の基本方針のもとにマネジメントシステムを推進して参ります。

 

【基本方針】

Ⅰ. 顧客・ビジネスパートナーの情報資産を含めた当社情報資産の保護

Ⅱ. 個人情報保護法、その他関連する法令の遵守

Ⅲ. 当社事業継続の確保

 

基本方針を推進するため、以下の事を実行します。

 

  1. セキュリティ意識の高揚を図ります
    • 当社情報資産の重要性を役員及び従業員は認識し、セキュリティ意識の高揚を図ります。
    • 客先に常駐の従業員は、当該勤務先のセキュリティ基本方針を優先し遵守します。
  2. 情報資産を正しく保護します
    • 情報を許可されていない者に開示しません。
    • 情報を許可された目的以外に使用しません。
    • 被害が発見された、若しくは予想される場合は、直ちに責任者に報告し、対策を講じます。
    • 情報資産を取り扱う上で、役員から従業員までの役割とその責任を明確にします。
  3. 情報資産を正しく維持します
    • 情報及びソフトウェアが改ざんや破壊されないように管理します。
    • 情報は最新のものに更新し維持します。
    • 被害を受けた情報は、元の正しい状態に復元します。
  4. 情報資産を正しく利用します
    • 情報資産への脅威とリスクを分析し、適切な対策の下で正しく利用します。
    • 情報資産が正しく利用できるようマネジメントシステムを継続的に改善します。
  5. 法令を遵守します
    • 個人情報保護法、著作権法を始めとする関連法令を順守します。
  6. 情報資産を大きな事故から守ります
    • 自然災害、事故、故障等に対応できるよう、予防及び回復措置を講じます。

この基本方針の下に管理細則を定め、役員及び従業員はこれを遵守し実行します。

 

2019年 2月 21日(確認)
2006年 3月 3日(制定)

千代田システムテクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 村田 敏哉