エネルギー・社会インフラ

  1. HOME
  2. エネルギー・社会インフラ
  3. CSTのエネルギーマネジメント支援サービス

CSTのエネルギーマネジメント支援サービス

国際標準のマネジメントプロセスを活用して、エネルギー効率の継続的改善を支援します。
~ ISO 50001エネルギーマネジメントシステムEnMS準拠 ~

1.サービス概要

従来、日本では高効率設備への更新、管理標準を用いた運用改善など、ボトムアップ型のアプローチが省エネ活動の中心でした。これに対して、海外ではエネルギーマネジメントのプロセス導入を中心としたトップダウン型のアプローチが用いられています。当社では両アプローチのメリットを取り入れ、エネルギーマネジメントに関する研修・改善提案、現場ウォークスルー等を通じて、エネルギー効率の継続的改善を支援します。

組織ピラミッドの図

設備改善例:
高効率設備への更新、インバーターによる回転数制御、廃熱の回収利用など

運用改善例:
無負荷運転の防止、電気の損失低減・力率改善、ボイラーの水質管理・燃料の燃焼管理など

プロセス導入による改善例:
合意形成・納得感の醸成、自律性・透明性の向上、人・組織の活性化による改善機会創出、他

2.エネルギーマネジメントのプロセスとは

省エネ、節電につながる設備改善や運用改善へ着手する前に、

  1. 事業者はエネルギー管理に必要な方針・目的・目標を設定し、まず組織内外の関係者と共有します。(P)
  2. その目標を組織・工程・設備など管理単位毎に細分化して、目標達成に必要な計画と手順を管理単位毎に定めます。(P)
  3. その計画と手順に沿って、各管理単位は運用及び保守活動(又はプロジェクト活動)を通じて、エネルギー効率の改善に日々取り組みます。(D)
  4. 点検およびマネジメントレビューを通じて、組織全体・各管理単位が振り返りを行い、改善点は次の目標や計画に反映します。(C,A)
  5. 1~4のPDCAサイクルを繰り返して、エネルギーマネジメントおよびエネルギー効率の継続的改善を行います。

そして特徴は、次の二つです。

★エネルギー効率の評価に必要な物差しが用意されている。
★その物差しを活用して、定量的かつ組織的にPDCA活動を行える。

これ以降は、当社のエネルギーマネジメント無料セミナーで詳しくご紹介しています。

3.エネルギーマネジメント支援サービスの全体像

当社は次のステップに沿って、まずエネルギーマネジメントの重要性への気づきをお届けします。

各サービス単体のご提供も承ります。

4.無料セミナーについて
開催日 2017年12月1日(金) 15:00~16:30
2018年3月2日(金)  15:00~16:30
開催場所 当社研修室(テクノウェイブ100ビル 11F )
〒221-0031 横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル MAP
京浜急行線 「神奈川新町駅」中央口 より徒歩7分
持ち物 筆記用具、御名刺1枚
お問合わせ先

エネルギー社会インフラ事業本部 IT社会インフラ事業セクション 大上
TEL: 045-441-1658

  • お問合わせ