計装・電気

EPC&M

プラントの全ライフサイクルを見据えた信頼性の高いエンジニアリング

エンジニアリングの遂行には、多岐にわたる専門分野の膨大なデータが必要となります。PLE(Plant Lifecycle Engineering)を基本姿勢としてお客さまのニーズにお応えするCSTでは、「計画」「設計」「調達」「施工」「運転」「保守」から「廃棄」にいたる各エンジニアリングサイクルでのデータを蓄積・共有し、経済性・信頼性の高いエンジニアリングサービスを実現いたします。

「調達」「施工」の情報を集約的に扱えるコンピュータ設計ツールを活用することにより、計装制御・電気設備の計画から基本設計、詳細設計までの自動化を図り、品質・信頼性・効率性の高い設計を行っています。

国内外計装制御・電気・工事・メンテナンスに関わる機器類および工事資材にいたるまで、最新の 資材管理システムによる一貫した業務サービスで、競争力のある良質な製品を、決められた期限内に納入することが出来ます。グループ一体化調達による発注量 集約化で、競争力ある価格と納期を引き出します。当社海外拠点(シンガポール)及び海外特約ベンダーとの綿密な連携による、より安価な資材調達を遂行します。

「安全文化の確立」を基本ポリシーとして施工計画、施工監理を実施いたします。潜在的な事故の可能性を探りながら安全レベルの向上を図り、安全ツールの実用化、計装工事施行資格認定制度による工事品質の向上などを積極的に推進。また、検査・試運転を実施して、エンジニアリング全体の妥当性を確認しています。

日常的な点検・整備・修理を行なうOSM(On Stream Maintenance)はもちろん、定期的かつ計画的に設備を停止して所定の点検・整備・修理・オーバーホールを行なうSDM(Shut Down Maintenance)においても、確かな企画力と技術力でお応えします。

  • お問合わせ